「相続税の計算の基礎知識」の記事一覧(2 / 3ページ)

相続税の計算が得意な税理士の見分け方

今回は、相続税の計算が得意な税理士の見分け方についてご紹介します。 ここで、「相続税の計算が苦手な税理士がいるの?」と感じた方は多いのではないでしょうか。 医療にも部位ごとに様々な分野があるように、法律にも問題に応じた様・・・

相続税を計算してもらうと税理士報酬はどのくらい?

税分野のプロである税理士に相続税計算をしてもらった場合、支払う報酬はどの程度が相場になるのでしょう? どういったサービスを利用する場合もそうですが、少しでも費用を安く抑えられるのであればそれに越したことはありません。 し・・・

注意したい一次相続・二次相続とその対策

相続では、最初に起きた相続を一次相続といい、その直近で起きた相続を二次相続といいます。 この言葉は法文上に規定された言葉ではありませんが、相続の状況をわかりやすく区別するためにこうした使い分けがされています。 では、なぜ・・・

相続税の計算は税理士でないと無理?

人が亡くなると、その人が生前、所有していた財産は相続によって相続人が取得します。 この際、一定額以上の財産を得た場合、「相続税」が課せられることになっているのです。 しかし、この相続税の計算は非常に複雑で頭を悩ませる方が・・・

相続税の2割加算とは?

相続税は、一親等の血族及び配偶者以外が相続した場合、計算した相続税額にさらに2割を加算しなければなりません。 一親等の血族及び配偶者以外とは、亡くなった方の子どもや両親、結婚相手以外という意味なので、兄弟姉妹が相続人にな・・・

相続税率はこれから上がることがある?

相続税率というのは、将来的に固定されているものではありません。 近年でいうと、平成27年に大幅な税改正があり、相続税の基礎控除額が大幅に引き下げられたため、今まで相続税とは縁のなかった方が、今後、相続税を納めなければなら・・・

相続税の納付方法は現金以外に何がある?

相続税というのは、現金による一括納付が原則です。 しかし、どうしても一括納付ができない場合は、「延納」することで何回かに分けて納付することも可能となっています。 とはいえ、相続財産のほとんどが現金ではなく不動産であった場・・・

相続税の申告を忘れるとどうなる?

相続税には申告期限が定められていて、相続開始(亡くなったのを知った日)の翌日から10ヶ月以内と定められています。この期間をすぎてしまうと、さらに税金が課されてしまうのです。 とはいえ、そもそも相続税申告は必ずしなければな・・・

相続税の申告期限は延長できるの?

相続した財産が相続税の基礎控除額を超えてしまうと、「相続税」を支払わなければならず、相続開始の翌日(または知った翌日)から10ヶ月以内に「相続税申告」をしなければなりません。 その他、控除などを利用することで実際には支払・・・

相続が続くと相続税が安くなることがある?(相次相続控除)

もし、父と母が続けて亡くなったとなれば、相続税の負担が大きくなってしまいます。 父の財産を相続した後、すぐに母の財産を相続するため、一見すると相続する財産が増えただけのようにも感じられます。しかし、父の相続時に父の財産は・・・

このページの先頭へ