「2016年8月」の記事一覧(2 / 2ページ)

相続税の計算上のみなし相続財産とは?

相続税を計算する上では、本来は相続財産に含まれない財産であっても、「みなし相続財産」として、相続人が得た利益に対して課税がなされることになっています。 どういった財産がみなし相続財産として取り扱われるかというと、「被相続・・・

相続税の計算上、不動産の評価方法は?

相続税は、相続した財産の評価総額を基準に計算していきます。 「でも、相続税なんて課税されたくない」と考える方は多いのではないでしょうか? よくある相続税対策というのは、財産の評価額をうまく下げることで、相続税の基礎控除内・・・

相続開始3年以内の贈与財産とは?

人から人へ財産の贈与があった際に課税されるのは「贈与税」で、相続で得た財産に対して課税されるのが「相続税」です。 しかし、相続開始の3年以内に贈与があった場合、その財産は贈与財産ではなく相続財産になり、「相続税」が課税さ・・・

小規模宅地等の特例で相続税額が大きく変わる?

相続税の支払いから免れるためには、利用できる控除や特例といった制度を可能な限り利用するのが大切です。 今回ご紹介するのは、「小規模宅地等の特例」というもので、こちらを利用すると、減税措置を受けることが可能となります。しか・・・

死亡保険金と相続税の関係は?

今回は、死亡保険金と相続税の関係について詳しくご説明します。 死亡保険金というのは、亡くなった方が生命保険に加入していた場合に、受取人(多くの場合で遺族)に対して支払われるお金です。この死亡保険金が相続税の課税対象になる・・・

このページの先頭へ