相続税について

みなさんもこれから先に相続税で困った事にならないかと思っている人もいるかと思います。

それはどうしてかというと、最近になって相続税を払う必要がある人の範囲が拡大されたからです。

ですから、これから財産の相続が控えているという人は自分は相続税を払う事になるのか気になっている人も多いと思います。確かに以前よりも少ない額の相続があった場合でも相続税を払う必要がある人がいるのは事実です。

ですが、それでもそこまで相続税を気にする事はないです。なぜなら、いくら相続税を支払う必要が出る相続額が引き下げられたと言っても相変わらず数千万円の相続が発生しないと相続税を腹合う事はないからです。

ですから、今現在自分は相続税を払わないといけないのかと思って心配している人も数千万円も相続しない少額の相続なら相続税の支払いで心配しなくても良いです。

よくこの手の話が出てくるとすぐに相続があったら自分も相続税を払う必要があるのではないかと心配になる人がいますが、それは本当に大きな土地や家をなどかなり大規模な相続があった時に限定されます。

普通の庶民の家庭の相続くらいでは相続税を心配する必要はまずないです。もちろん、思った以上に相続額が多くなった時は相続税が掛かる事もあると思います。

でも、標準的な家庭の相続ではまずそこまでたくさんの相続財産がある事はないので相続税を気にする事はないです。事実相続税を払っているのは相続が発生した人のほんの一部の人しか払っていません。

それぐらい、相続税を払うのは限られた人が払うものという事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ