相続税対策に焦っているKさん

Kさんは、近年、相続税が増税されたことを友人から聞き、もしかしたら両親が亡くなった際は自分にも相続税が課税されるのではないか?と焦るようになりました。
しかし、相続税対策といっても具体的に何から始めたら良いのかわからず、すっかり困り果てていました。
それに、まだ元気な両親に相続の話を振るのも容易にできることではありません。
とりあえずはこのまま放っておけば良いのか、と考えるようになりかけていました。

なぜ相続税対策が必要なのか?

Kさんのように、相続税対策といっても何から始めたら良いかわからない、そもそもなぜ相続税対策が必要なのかわからない、といった方が多いのではないでしょうか?

そこで、相続税対策をしないでいるとどうなってしまうのかを最初に知りましょう。
相続税対策をしないでいると、大きな税金がかかってしまう危険があります。
さらに、税金がかかってしまうというのに、納税資金の準備ができていないとなると、最悪のケースでは家といった不動産を売却しなければなりません。
しかし、売却するとなると、そこでまた税金がかかってしまいますし、家を売るとなれば住む家がなくなってしまうということ。引っ越しも必須となります。
こういった事態にならないよう、相続税対策が必要になってくるのです。

まずは専門家に相談を

とはいえ、具体的にどうすれば良いのか、というのはまさにケースバイケースです。
Kさんは、相続税対策の必要性を理解し、具体的にどうすれば良いのか知るため、専門家に相談することにしたのです。
相続税計算のシミュレーションをしてみたところ、Kさんの両親の財産は、そのほとんどが不動産だったのですが、中には固定資産税を支払っているだけの物件がいくつかあり、そこを賃貸することで収益を得ることにしたのです。
この収益を積み立てておけば、現金確保ができ、納税資金の準備も万端です。
Kさんは、相続税対策の必要性について理解してもらうため、ご両親と一緒に専門家のもとへ足を運び、的確なアドバイスを受けることができました。

相続税対策は人それぞれ

上記のように、Kさんの場合は不動産が財産のほとんどを占めていましたが、中には株券だったり、事業だったりと様々な財産が存在します。
つまり、相続税対策は人それぞれということ。

自身にどういった相続税対策が必要なのか?それとも、相続税対策をする必要はないのか?などは、専門家に判断してもらうのがもっとも賢明です。
相続税対策は着手が遅ければ遅いほど、できる範囲が限られてきます。
なるべく早い段階で専門家に相談し、自身がどういった状況にあるのかを把握しておくようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ