専門家に相談すべきか迷っているTさん

Tさんは、将来、両親が亡くなった後に発生する相続が不安で仕方ありません。
誰が相続人になるのか?隠し子がいたらどうすれば良いのか?相続税の計算はどのように行うのか?どれだけ課税されてしまうのか?など、数えてもキリがないほど不安があります。
しかし、実際に相続が発生したわけでもないのに、専門家に相談すべきなのか迷っていました。
こういった場合、Tさんはどうすべきなのでしょうか?

専門家への相談は早いほうが良い

相続というのは、発生しないことには着手できないことが多いと考えている方が多くいらっしゃいますが、実はそんなことはありません。
特に相続税対策という意味では、生前のほうができることも多いばかりか、生前でないとできないこともたくさんあります。
事前に対策することで相続税が非課税になるケースはいくらでもあるのです。
また、相続開始前から専門家からのアドバイスによって正確な知識を得ていれば、いざ相続が開始しても焦らずに必要な手続きを進めていけるようになります。

早いうちから専門家に依頼するメリットは十分にあるのです。

相続には専門知識が必要不可欠

相続と聞くと、単に両親から財産を受け取れるといった認識の方も多いのですが、実はそれほど単純な制度ではありません。

たとえば、相続税申告を例にすれば、民法、相続税法はもちろん、相続税法施行令、相続税法施行規則、相続税個別通達、租税特別措置法、といったように見るだけで頭が痛くなるような法令や通達の知識を用いながら、相続税の計算、そして申告を行っているのです。

さらに、相続ではご家庭それぞれにある事情が絡んでくるため、ケースバイケースな対応も求められます。
この方法が絶対正しいなどとは、一概に言える問題ではないのです。
こうした点を踏まえると、失敗しないためにも、専門家の持つ専門知識は必要不可欠と言えます。

専門家からのアドバイスで不安解消

悩んだ挙句、専門家に相談することにしたTさんは、相談後、足を運んでよかったと強く感じました。というのも、今までどうしたら良いかと不安になっていた悩みは、すべて専門家に解決してもらえたのです。
それに加え、またなにかあればいつでも来てくださいと言ってもらえました。
いつでも相談できる専門家ができたようで、Tさんは心強い味方ができたと大満足です。
これで、いざご両親が亡くなっても、焦ることなく冷静に対応することができそうです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ