今から相続税申告が不安なGさん

Gさんは、最近体調を崩された旦那さんが亡くなった後の相続税申告が不安で仕方ありません。
今まで確定申告といった税務関係の手続きを一切したことがなく、Gさんと旦那さんとの間には子どももいなかったため、頼れる人が誰もいなかったのです。
まだ亡くなったわけでもないのに、相続のことを考えるなんて不謹慎だと思いながらも、Gさんは毎日のように不安を感じていました。
当然、こんなことを旦那さんに相談できるわけもなく、すっかり落ち込んでいたのです。

相続税申告に慣れている人はいない

そもそも相続自体、人生の中でそう何度も経験する手続きではありません。
また、相続税申告が必要になる方は、相続全体の1割にも満たない数です。
となれば、相続税申告に慣れている人など、そうそういるはずがありません。

Gさんのように相続税申告に不安を感じるのは決しておかしなことではなく、亡くなる前から不安に感じるのも当然と言えます。
周りに尋ねても相続税申告を経験したことがある人が見つからず、困り果てたGさんは、相続税申告の専門家である税理士に相談することにしました。

生前の相談なら相続税対策も可能

Gさんの場合、まだ旦那さんが亡くなっているわけではないため、すぐに相続税申告が必要になるわけではありません。
となれば、相続税が発生しないように相続税対策から着手することが可能ということ。

今回、Gさんは単に相続発生後のアドバイスが欲しかっただけだったのですが、相続税対策に着手することで、将来的に相続税申告が必要なくなる可能性を知り、税理士さんにお願いすることにしました。
もちろん旦那さんにも協力してもらい、生前贈与などを使いながら相続財産を減少していく計画を立てることができたのです。

相続税申告の必要がなくなった

専門家に相談しながら作成した節税計画によって、相続税申告する必要がなくなる見込みが立ちました。
これで相続を不安に感じることがなくなったGさんは心身ともに元気を取り戻したのです。
Gさんが元気になった様子が伝わったのか、旦那さんもそれが嬉しかったようで、一時期悪くなった体調もすっかりよくなり、まさに夫婦で良い相乗効果を発揮してくれました。

相続というのはデリケートな内容であるため、生前に相談するのは簡単なことではありません。
しかし、相続税対策という名目であれば、いくらでも相続に対する不安を解決させることができます。専門家への相談をうまく利用して、不安のない相続を迎えられるようになりましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ